著・村崎志郎

作曲とか

  • 【初音ミク】 Make Fake Love
  • 村崎の自作曲(ピアプロ)

    村崎の自作品
    by 村崎志郎

村崎が使ってる物とか

  • Sound PooL jamバンドパック IV
  • KORG M01
  • VOCALOID2 初音ミク HATSUNE MIKU
  • TASCAM DP-400
  • EDIROL MIDI KEYBOARD CONTROLLER PCR-500
  • Roland OVERDRIVE DISTORTION OD-20
  • VOCALOID2 Megpoid
  • KORG DS-10 PLUS
  • 巡音ルカ MEGURINE LUKA
  • ZOOM Handy Recorder H2
  • DTX-MULTI12
  • DANCE×MIXER
  • EDIROL 24-bit USB Audio Capture UA-25EXCW
  • FL Studio 9 Signature Bundle Limited Edition

« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年9月 7日 (水)

阿蘇ツーリング記

最近なかなかRSにインしませんが、

Box1

なにげに買い物袋なんか開いてみると

なんかのキャンペーンの時のプレゼントが入ってました。

これ相当昔のやつだな。

課金アイテムを買わんくなってるから買い物袋なんか開く機会もなく。

Box2

開いてみると花火出ました。

なんかのお祭りの時に使えるな。

 

 

さてさて、9月になって涼しくなってきましたが、

280

先週木曜、あまりに天気が良かったので

阿蘇までツーリングしましたよ。

ルートは福岡東区から、飯塚を経由する内陸コース。

山間を縫うような道路で、ツーリングにはとても良いコースでした。

途中、

281

福岡県内を流れる遠賀川の源流に寄ったり。

実はここの源流への登り口の看板をいっぺん スルーしてしまい、

次のUターン出来る場所で折り返したんですが

その時うっかりズッコケてしまいまして。

怪我は無く、バイクも傷が入った程度なんですが

通りすがりの車の運転手さんが「大丈夫ですか?」

って降りてきてくれたりして、

ああ、人間の優しさってのもまだ捨てたもんじゃねえな

とか思ったり。

で、実際の源流と言えるポイントは、写真よりまだ上のほうなんですが

素人の通りすがりの装備で、単身で川を登って行くには過酷だな

と感じたため、もうちょいのあたりで断念した次第です。

 

Amagase_2

温泉地で有名・・・まあそこそこ有名な天ヶ瀬での何気ない風景。

天気が微妙になってて、このあと小雨に見舞われたりしましたが、

283_2

阿蘇市に入ったあたりでまた晴れました。

ミルクロードって名前の道を通ったんですが、高原に道路が

整備されている道で、景色がなかなかのものです。

なんでミルクロードかと思ってたんですが、

多分牛の放牧地で、牛乳がよく採れるんでしょう。

事実は知りませんが。

Baiku

ミルクロードにある休憩地点にて。

平日とは言え天気が良かったので、バイクがいっぱい。

私が写真を撮る寸前に3台ほど出ていったので、

この駐車エリアがいっぱいいっぱいでした。

この後また阿蘇山を目指すわけですが、

Shiroyama

城山展望所なるところに、記念碑があったので思わず一枚。

何かありがたい。

 

そんなこんなで阿蘇山に到着するわけですが、

Aso

なんかまた曇り始めた・・・。

この日、やや涼しくなってきたような気候だったんですが、

阿蘇に登るにつれて徐々に寒くなっていきます。

天気のせいもあるでしょうが、標高の問題だと思います。

私はロンTを着ていたんですが、寒かったです。

でもすれ違うライダーとか概ね半袖でした。寒いだろ。

 

285

阿蘇山に入ると、そのへんに牛とか馬とかが放牧されています。

Gyuuba

こんな標識があるくらい。

写真に収めていませんが「牛馬優先」ってな立板もありました。

そんなこんなで登って行くと休憩所がありまして、

286

記念に阿蘇高原特製ソフトクリームなど。

美味かったけどなんかやたら早く溶けるんだなこれが。

風が強かったせいかもしれない。

しかしこの休憩所、私がソフトクリーム買った直後に閉店となり、

Kusatiri

閑散とする休憩所。

Uma

営業時間内だったら馬乗り場 もあるよ。

誰も居なくて寂しい。

Toire

トイレまで閉めなくていいじゃない><

女子トイレ、なんか出そうなくらい冷たい空気が漂ってた。

 

この時点ですでに阿蘇を満喫していたものの、

この先にさらに火口へ上る事ができたので、

せっかくだしと思って火口への道を進みました。

有料となりますが、バイクは100円。

しかし火口道路の閉鎖がPM6時と言うことで急ぎました。

Kakou1

火口付近にあるお社。念のためお参りしておきます。

で、火口なんですが、

Kakou2

煙で何も見えん!

最初霧かと思ったんですが、アナウンスで

「現在有毒ガスが出ています。喘息や気管支に疾患を

 お持ちの方は、入らないようにしてください」

とか言ってたから、煙ですね。

ん?・・・喘息・・・

まあ気にしない。実際発病しなかったので結果オーライ。

 

なんか火口まわりに、モンゴル人のテントみたいな形の

石造りの建物がいくつもあったので、

Kakou3

「なんじゃこりゃ?」ってな感じに思ってたんですが、

Kakou4

どうやら突然の噴火の際に非難する場所のようです。

”なんとか壕” って書いてあった場所があったんですが

写真を撮り忘れているようで、この名称は忘れました。

 

さて、そんな感じで阿蘇ツーリングは終わりです。

なんかデジカメで撮った写真をブログにアップしようとしたら

サイズが大きすぎて上がらず、サイズを小さくするための

二次加工をしないといけなかったので

とても手間がかかってしまいました。

阿蘇山に辿り着いたあたりでえらく曇ってたので

阿蘇山からの良い写真が撮れなかったのが残念ではありますが。

 

とにかく、

Baiku2

我が愛車、お疲れ様 !

 

いじょ

« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ